【Windows10】インストール

Windows10
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Windowsアップデート後に不安定になったときや、色々なソフトを入れすぎて重くなってきたときなど、クリーンインストールすると処理が軽くなりますよ。

中古PCを買ったときも、変なソフトが入っているかもしれないから

一度クリーンインストールしておくと安心ね。

必要なもの

  • インストール先のPC
  • USBメモリ(8GB以上)
  • Windows10ライセンス
PC/USBのデータが消えます。事前にバックアップを取っておきましょう。

ステップ

メディア作成

  1. メディア作成ツールのDL
  2. メディア作成ツールの実行

1. メディア作成ツールのDL

Microsoftのページからダウンロードします。

2. メディア作成ツールの実行

USBのデータが消えます。事前にバックアップを取っておきましょう。

基本的に、画面に従うだけで簡単に作成可能です。
より詳細に確認したい場合は動画も併せてご確認ください。

ツール実行
ツール実行中

インストール

  1. 再起動
  2. USBからブート
  3. ライセンス条項の確認
  4. インストール種類(アップグレード/カスタム)の選択
  5. パーティション削除
  6. パーティション作成
  7. ファイル書き込み
  8. 再起動

1. 再起動

割愛します。

2. USBからブート

PCメーカーによって手順が異なるので、すみませんが検索してください。

3. ライセンス条項の確認

内容を確認した上で同意できる場合のみ次へ進みます。

4. インストール種類(アップグレード/カスタム)の選択

今回はクリーンインストールなので、カスタムを選択します。

5. パーティション削除

PCのデータが消えます。事前にバックアップを取っておきましょう。

既存のデータと領域をすべて削除します。

6. パーティション作成

新しいデータ用の領域を作成します。

こだわりがなければ、変更不要です。

今回は、後で別のOS(Ubuntu Desktop)をインストール予定なので

半分くらいの容量にしています。

7. ファイル書き込み

8. 再起動

セットアップ

再度インストールが始まってしまう場合は

一度シャットダウンし、USBメモリを抜いて起動します。

  1. 地域の選択
  2. キーボードレイアウトの選択
  3. 設定方法(個人用/組織用)の選択
  4. Microsoftアカウントでのログイン
  5. PINの作成
  6. アクティビティ履歴の利用設定
  7. スマートフォンとのリンク
  8. OneDriveの設定
  9. デジタルアシスタントの利用設定
  10. デバイスプライバシーの設定
  11. 起動

1. 地域の選択

表示言語や時計に反映されます。

2. キーボードレイアウトの選択

3. 設定方法(個人用/組織用)の選択

4. ログイン

ログイン方法は3種類あります。

  • Microsoftアカウントでログイン
  • Microsoftアカウントを作成しログイン
  • オフラインアカウントでログイン

5. PINの作成

ログイン用に、より簡単なパスワードを作成します。

スキップできないので、不要な場合は後で削除しましょう。

打った文字が見えませんが、実は数字しか入力できていません。

(チェックボックスをクリックすると英字と記号も含められます)

6. アクティビティ履歴の利用設定

自分の他のデバイスと操作状況を共有できます。

7. スマートフォンとのリンク

写真/メールの共有が行え、今後も機能が増えていくようです。

8. OneDriveの設定

Microsoftのクラウドストレージです。色んなデータを保管/共有できます。

9. デジタルアシスタントの利用設定

「Ok Google」のMicrosoft版、Cortanaコルタナさんです。

10. デバイスプライバシーの設定

PC利用動向をもとに、使い勝手をカスタマイズしてくれます。

11. 起動

起動待ち
起動完了

動画

文字と写真で表現しきれなかったり、割愛してしまったところを

動画で分かりやすく解説しています。

【Windows10】インストール

コメント

タイトルとURLをコピーしました